2016年6月1日

タイトルについて


Esperanto

本ブログのタイトルはデセグノ・ウヌエというのだがこれは 
人工言語であるところのエスペラントの語彙から採っている。


事由は2つある。
ひとつは2008年頃、オークションで見かけた古いバッジに「EDUKADO UNUE」とエス文が書いてあったのが印象深かったことによる。これは同じものを最近入手することができた(上図)。当時抱き合わせで出品されていたラインナップからすると、憶測だが大正末から昭和一桁の作かと思う。

edukadoは名詞で「教育」、unueは副詞で「第一に」という意味。edukado unueが文法として如何かはやや怪しい気もするが、ウラに漢字で「教育第一」と銘があるのでこれを逐語訳したものだろう。なお銘の下に「P.E.L.」と発行者のイニシャルが添えてあるが詳細はわからない。

またもうひとつの事由は、わが出身校が草創期に出していた機関誌が「デセグノ」という題だったことによる。desegnoはエス語で「デザイン」の意味。しかしdesegnoにはもうひとつ、語源よろしく「描写」の意味もあるようだ。エスペラント版ウィキペディアを見ると「デザイン」にはdezajnoという新語(英語からの借用語)があてられていたりするので、私はどちらかといえば「描写」の意味で認識している。


しかしエスペラント、どうやら大正から昭和10年代に隆盛があったようだ。例の国立国会図書館デジタルライブラリーにも教本類が数多く収録されており、一番早いのは1906年のものだが、1922年頃から数が多くなっている。ラジオ講座もあったという。

そういうわけで商品名や題名にエス語が飾られることが多かったのだろう。1935年に売り出された「ヤクルト」はjahurtoのもじりだし、今和次郎氏が1930年に出した『考現学』も「MODERNOLOGIO」とエス語風の一名がついている。上に掲げたのは岡山に今もある禁酒会館のサイダーのラベルで「ABSTINENCO」はやはりエスペラント。英語だとabstinence、「禁酒」「節制」という意味。


そういうわけでブログタイトルはdesegno unueとすることにしたものであり、意味は「描写/第一に」というほどである。座右の銘。